銀河へキックオフ

アニメ『銀河へキックオフ』
©川端裕人・集英社/NHK・NEP・NAS
\この作品を見るならココ!/
\この作品を見るならココ!/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

下手だけどサッカーが大好きな少年・大田翔。だが、所属する6年生チーム・桃山プレデターは人数不足のために解散状態。落ち込む翔だったが、持ち前の情熱でクセの強い仲間を集めてプレデターを再結成、銀河一のチームになるために進み始める。

話数全39話
放送2012年春
制作TYOアニメーションズ
声優太田翔:小林ゆう/高遠エリカ:中津真莉子/花島勝:小山力也/降矢虎太:KENN/降矢竜持:立花慎之介/降矢凰壮:細谷佳正/青砥ゴンザレス琢馬:菊池こころ/西園寺玲華:田澤利依子/志水ミサキ:桑島法子/景浦晶:前野智昭/杉山多義:池田恭祐/杏子:田中理恵
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
31日間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る

レン
タル
30日間無料
お試しする
注意

海外の違法動画サイトで視聴するとウイルスに感染する恐れがあります。

ウイルスに感染すると個人情報が漏洩することもありますので、動画配信サービスで安全に視聴しましょう。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『出会い』

技術はいまいちだが、サッカーが大好きな太田翔は、所属していた桃山プレデター・6年生チーム解散の憂き目にあっていた。どうにかしてサッカーがやれないかと思案する翔の前に、サッカーの上手な女の子が現れる。高遠エリカと名乗るその少女は、大阪から引っ越してきたばかり。翔は、チームの再結成をもくろんでエリカを代表にひき会わせるが、女子であることを理由に拒まれたため、エリカを怒らせてしまう。そこへ女子プロサッカー選手、志水ミサキが偶然通りかかる。

目次に戻る

第2話『スピードスター』

翔のクラスに転校してきたエリカ。エリカは西園寺玲華と仲良くなり、強いサッカーチームを探していることを話す。翔はミサキの所属するFC東京ローサの練習を見学しないかとエリカを誘う。図々しさにあきれながらも、プロの練習を見られるとあってエリカのテンションは最高潮に。するとミサキは翔とエリカに一緒にミニゲームに参加するように促すのだがー。

目次に戻る

第3話『三つ子の悪魔』

メンバーを8人揃えたら試合をしてやってもいいとミサキに言われた翔たちは、桃山プレデターの元メンバーである降矢三兄弟に声をかける。「三つ子の悪魔」と異名をとる彼らはプロの大人と試合できると聞き、仲間に入ることを了解する。他のメンバーも集まり、いよいよ対ローサ戦へ向けての練習がスタートした。すると三つ子の一人、竜持がある戦術を提案するのだった。

目次に戻る

第4話『ライトニング・ライト』

あっけなくメンバーが抜け、またしてもチーム解散状態の翔。コーチがいないとチーム再開は無理だと言われ、悩みながらも自主練習を始める。すると、公園のベンチで酒を飲んでいた酔っ払いが急に翔にヘディングを教え始めた。その的確な指導に、めきめきとヘディングが上達していく。翔は花島と名乗るその男にコーチを頼むが、あっさりと断られてしまう。あきらめきれない翔は翌日も花島に会いに行く。すると、三つ子が少年たちともめているところに出くわすことに・・・。

目次に戻る

第5話『コーチ』

稲妻のような猛烈なシュートを放った花島。翔たちはその花島が元プロサッカー選手で、かつて指導者の経験もあることをつきとめる。どうしてもコーチになってもらいたい翔は、花島の恋人杏子の協力を得て包囲網を展開、行く先々に現れてはコーチを無心する。しかし、花島はどうしても首を縦に振ろうとしない。コーチを引き受けないのには理由があったー。

目次に戻る

第6話『11番目の選手』

花島がようやくコーチを引き受け、新生桃山プレデターが始動した。しかし、大会にエントリーするにはメンバーが足りない。翔は心当たりの人たちに次々に声をかける。受験でサッカーをやめてしまった植松・浮島・内村の“スリーU”と5年生チームから2名が加わり、10名は揃ったものの最後の一人がどうしても見つからなかった。するとエリカが思いがけない人物を連れてくる。

目次に戻る

第7話『3つの戦術』

都大会の抽選会場で、アマリージョの景浦とヘヴンリーの青砥に出くわし、奮起する桃山プレデターだったが、初心者の玲華の扱いをめぐって、不協和音が生じていた。自分がチームのお荷物になっていると虎太から言われ落ち込む玲華は、花島に特訓を願い出る。そして、花島はチームの3つの攻撃フォーメーション「ヨーイ」「ダイサン」「ビルド」を教える。

目次に戻る

第8話『キックオフ!!』

桃山プレデター初戦の相手は桜川西チャレンジャーズ。虎太をフォワードから外すという花島が決めたポジションが不満の三つ子は他のメンバーを無視して、自分たちだけでボールを回し始めてしまう。最初は難なく得点していくものの、次第に相手チームがゴール前に固まり追加点を奪えなくなっていく。状況を打開しようとコーチにアドバイスを求める翔だったが、花島は「自分たちで考えろ」と答えるのだった。

目次に戻る

第9話『突破口』

ケンカ状態で桜川西戦の後半に臨んだ桃山プレデター。翔は、キャプテンらしくと思い切り声を出し始めた。翔に呼応するように凰壮が三つ子以外のチームメイトにボールを回し始め、ようやくチーム全体が動き出す。結果は桃山プレデターの圧勝で終わり、浮かれる翔だったが、昼休みに、虎太と玲華がいないことに気が付き…。

目次に戻る

第10話『須黒スペシャル』

地区予選、次の相手は三つ子にライバル心を燃やす須黒率いる椿森SC。須黒は、自らが攻撃の軸となる須黒スペシャルでプレデターを翻弄。焦った翔はミスを連発して、すっかり萎縮してしまう。自分のミスで前半を0-2という劣勢で折り返したことに、責任を感じる翔だったが、チームメイトの励ましに、練習した3つの戦術を使うことを決める。

目次に戻る

第11話『反撃!』

チームメイトの励ましで気持ちを立て直した翔は、「ヨーイ」「ダイサン」「ビルド」の3つの戦術を使って須黒率いる椿森SCに反撃をしかける。さらに凰壮とエリカの連携によるシュートが決定打となって、桃山プレデターは勝利を収める。ライバルチーム相手の勝ちに、金造始め喜びムードの一同は翔の店で祝勝会を開くが、そこで、花島は三つ子について思いもよらぬことを告げられる。

目次に戻る

第12話『泥だらけのお嬢様』

祝勝会に突如現れた母に、サッカーをやめさせると宣告され、会場から連れ出されてしまった玲華。本当は、サッカーを続けたいが、西園寺家の娘にふさわしい習い事をさせようとする母に対して自分の気持ちを言えず、学校も休んでしまった。心配した翔とエリカは西園寺家を訪ねるが、そこに玲華の姿はなかった。

目次に戻る

第13話『悪魔退治』

地区予選準々決勝。桃山プレデターは、メンバー全員が格闘技経験者だという小林蹴球団と対戦する。小林蹴球団は、最初から三つ子を敵視して徹底マーク。さらに体格にものを言わせた激しい当りに、プレデターの他のメンバーも次第に疲弊していく。しかも敵は相手チームだけではなかった…

目次に戻る

第14話『オウンゴール』

花島はかつての師である千葉サンダーボルツの顧問・永渕を訪ねた。久しぶりの再会を喜んだもつかの間、花島にプレデターの試合映像を見せられた永渕は、卓越したサッカーテクニックの三つ子の才能を認めつつもチームが都大会で勝ちあがれないこと指摘するのだった。千葉から戻った花島は、一人練習場にいた竜持に、思いもよらないことを告げる。

目次に戻る

第15話『ストロングポイント』

地区予選の準決勝を前に、花島はチームの最大の強みである三つ子を中心に、個々の選手が自らの持ち味を活かしたプレーをするよう指示。ストロングポイントを考え試合に臨んだ結果、プレデターは準決勝で相手チームを圧勝する。しかし、決勝戦では、翔と接触してケガをした玲華が試合から外れ、プレデターは10人で試合することに。そして翔は激しく動揺し、チームのコンビネーションがガタガタになってしまう。

目次に戻る

第16話『スリーUの決意』

都大会を目前に控え、花島の考えで体を休めるため、桃山プレデターはチーム全体の練習を3日間休むことになった。しかし、翔をはじめメンバーは、自主練習する気満々。植松、浮島、内村の通称“スリーU”の3人も自分たちのストロングポイントを強化しようとあれこれアイディアを出し合うが、結局上手く行かず、遂にはケンカ別れをしてしまう…

目次に戻る

第17話『未来へのボール』

地区予選を突破したお礼を言おうと、女子プロサッカー選手・志水ミサキを尋ねた翔・エリカ・玲華の3人は、ミサキの計らいでヒラソルとコスモスのミニゲームに参加。そこで、大いなる刺激を受けた3人だったが、帰り道、立ち寄った翔の家で、エリカと玲華はサイン入りのボールが飾ってあることに気付く。それは、翔の大好きだったある選手と亡き父との思い出のボールだった。

目次に戻る

第18話『初ゴール!』

いよいよ都大会がスタート。アマリージョの景浦やヘヴンリーの青砥など強豪のライバルたちも顔を揃え、桃山プレデターの士気はどんどん上がっていく。初戦、藪沢イレブンとの試合で、自分たちのストロングポイントを使って勝てと花島から叱咤され、奮起したプレデターの一同は、相手を圧倒するのだが…

目次に戻る

第19話『天才ストライカー』

都大会準決勝の相手は、宿敵・青砥がフォワードを務める川原国際ヘヴンリー。三つ子は青砥との対決に向けてトレーニングに余念がない。翔、エリカ、玲華の3人は麟が撮影したヘヴンリーの試合映像をみて対策を研究しようとするが、青砥の卓越したテクニックにただ感心するばかりで、これといった対策が見いだせないまま試合の当日を迎えてしまう。不安を抱えるプレデター面々に花島は“ノーガードの打ち合い”をしてこいと指示をする。

目次に戻る

第20話『ノーガード』

対ヘヴンリー戦、試合開始早々あざやかな青砥の7人抜きであっさり1点先取されたプレデター。熱くなった凰壮は、一人で青砥を止めようとするもあっさりとかわされてしまい、2点目を許すことに。虎太の反撃により何とか1点は取り返したものの、青砥を止めなければ勝つことはできない。業を煮やした虎太は青砥をマンマークすると言い出す。竜持と凰壮もポジションを入れ替え、青砥の弱点を探りながら、点の取り合いに持ち込むプレデターだったが…

目次に戻る

第21話『チームプレー』

対ヘヴンリー戦後半。チームとして勝ちたいと思う気持ちが一つになったプレデターはポジションを大幅に入れ替え、ダイサンやショウサンなど戦術を駆使してヘヴンリーに対して攻勢に出る。劣勢となったヘヴンリーも、フォワードの青砥にボールを集め、ゴールを狙う戦術から、青砥もパスを出してボールをまわす戦術に変更してきた。一進一退の攻防が繰り広げられる中、プレデターに事件が起こる。

目次に戻る

第22話『涙』

ヘヴンリーから勝利をもぎ取り歓喜に沸く桃山プレデター。しかし、花島は負傷した虎太の様子を見て、決勝戦に起用しないこと決める。悔しがる虎太を見て、10人になっても虎太の分まで自分たちが頑張ろうと誓う一同。しかし、雨の降りしきるなか始まった決勝戦で、プレデターは王者・アマリージョに翻弄されていく…

目次に戻る

第23話『チーム解散』

代表の金造に辞表を提出した花島。駆けつけた翔たちの必死の説得にも全く耳を貸さない。そんな時、桃山プレデターに8人制のサッカー大会「未来カップ」への出場の話がサッカー協会から舞い込む。何とかして花島にコーチを続けてほしいと思う翔たちだったが、花島は就職活動を始めてしまい…

目次に戻る

第24話『ブラインドサッカー』

翔と降矢三兄弟は花島に連れられて千葉サンダーボルツの練習場にやってきた。そこで、翔たちは、花島のかつての教え子の陽平を相手に、ブラインドサッカーの体験をすることになった。視覚に頼らず、音とイマジネーションでプレーするブラインドサッカーに最初は戸惑う翔たちだったが、徐々に感覚が研ぎ澄まされていくのだった。

目次に戻る

第25話『新しい仲間』

エリカから緊急事態の知らせが入り、翔たちとともに千葉から急きょ桃山町に戻ってきた花島。そこで、目にしたのは、フットサルコートで、大人チーム相手に圧倒的な強さで得点を重ねていく青砥の姿だった。青砥がプレデターの一員になるように何とか説得して欲しいとエリカたちに懇願された花島は、自らフットサルコートに入って青砥とマッチアップする。翔や降矢三兄弟もコートに入り白熱した試合が展開していく。

目次に戻る

第26話『衝撃の合宿』

青砥と多義が加入し、8人揃った新・桃山プレデター。合宿することになったメンバーが、訪れた西園寺家の別荘で目にしたのは、すっかり様子が変わった玲華の姿だった。彼女が特訓を重ねたというアスレチックで体力トレーニングをする一同。ところが、青砥にライバル心を燃やす虎太は競り合ってばかりで、全く仲良くなる気配がない。そこで2人を仲良くさせるために翔たちは、密かに計画を立てるのだが…

目次に戻る

第27話『約束のチケット』

合宿も2日目を迎え、お互いに打ち解けてきた新・桃山プレデターの一同。玲華や翔が目覚ましい進歩を遂げていることに、エリカは焦りを感じていた。そして、何とか自分もうまくなりたいと無理して練習するものの、なかなかうまくいかない。そんな、エリカの悩みを聞いた多義は、あるアドバイスをする。

目次に戻る

第28話『新生プレデター』

8人制のサッカー大会「未来カップ」がスタートした。玲華をディフェンスから中盤に上げる花島が決めた新しいポジションに、驚くプレデター一同だったが、チームは試行錯誤しながら順調に関東大会を勝ち進んでいく。そして、準決勝で8人制に慣れた石神井リバーズとの対戦で苦戦を強いられた翔が、状況を打開すべく玲華を中盤からフォワードに上げようと提案するが…

目次に戻る

第29話『チェンジ』

「未来カップ」関東大会決勝。対戦相手の根常(ねのとこ)ガッツは、全国大会は常連の強豪チーム。「ひたすら走って勝つ」という体力勝負なサッカーを選手たちに強いるコーチが率いていた。プレデターとはまるで指導方針が違っていたが、試合が始まると、相手チームの走りに引っ張られたプレデターのメンバーは次第に疲弊してしまう。状況打開のため、竜持は前後のポジションを入れ替える新しい戦術を提案するのだが…

目次に戻る

第30話『いざ決戦』

「未来カップ」全国大会の会場に到着したプレデター一同。そこで、翔たちが目にしたのは、テレビ局のインタビューを受けているアマリージョの皇帝・景浦の姿だった。青砥には挨拶をしても、三つ子のことは存在を忘れたかのごとく接する景浦。その対応に、怒り心頭の凰壮だったが、竜持や虎太の説得で何とか自制して試合に臨む。強豪チーム相手に、楽しみながら自分たちのサッカーをして、試合を順当に勝ち進んだプレデター。そして遂に、宿敵アマリージョとの決勝戦の幕が開いた…

目次に戻る

第31話『絶望と希望』

決勝戦。アマリージョに徹底分析されていたプレデターは、試合開始早々から押され気味の展開となってしまった。三つ子や青砥は徹底マークされ、ヨーイ、ダイサン、ビルドといった戦術もことごとく封じ込められていく。得意の戦術が通用しない焦りから、翔たちのプレーは益々萎縮してしまう。そんな状況にも関わらず、一人だけいつも通り様子の変わらぬメンバーがいた。

目次に戻る

第32話『激闘の果て』

王者アマリージョに、これまでの戦術を全て見抜かれてしまい、なす術がない桃山プレデター。戦況を打開するため、翔が新しい戦術の「渦巻き」を試そうと提案するものの、アマリージョの鉄壁のガードを前に、チームは「渦巻き」を容易には出せずにいた。そこで凰壮は、アマリージョの要である景浦と一対一で対決して、自ら突破口を開こうと試みる。“アマリージョの皇帝”相手に、もがき苦しみ、倒れながらも、凰壮は、一心不乱に立ち向かっていく…

目次に戻る

第33話『勝利の行方』

アマリージョとの決勝戦は遂に延長戦に突入。同点ゴールで勢いに乗るプレデターに対して、アマリージョは王者としての意地とプライドをかけ、戦うことを誓う。壮絶な攻防を繰り広げ、ヘトヘトになりながらも、どちらのチームの選手もサッカーを心から楽しんでいた。気持ちを一つにしたプレデターは、全員で次々にパスをまわし、フィールドを駆けていく。そしてボールは…

目次に戻る

第34話『バルセロナへ』

未来カップに優勝し、バルセロナで開かれるガラクシア杯出場のチケットをつかんだ桃山プレデター一同。スペイン行き前に、千葉サンダーボルツを訪ねた翔たちは、永渕のはからいでプロ選手との試合が出来ることに。そこで戦術をいろいろ試してみるが、「渦巻き」だけは出さない。そんなチームの様子を訝しく思う花島に対しても、翔たちはなぜか理由を明かさなかった…そして出発の前日。それぞれの思いを胸に抱く8人が自然に集まったのは、翔がエリカに初めて出会ったあの公園だった。

目次に戻る

第35話『銀河への始動』

ガラクシア杯出場のため、スペイン・バルセロナにやってきた桃山プレデター一同。市内観光でバルセロナを満喫する翔たちだったが、花島だけは、時差ボケとプレデターの取材のため同行しているテレビクルーの存在が気に食わず、一人機嫌が悪かった。そして、スペインでの試合を前に翔たちは、自分たちで考えるサッカーが世界に通用するか試してみたいと花島に申し出る。快く了解する花島だったが、試合が始まってみると選手たちの様子がいつもと違うことに気が付く。

目次に戻る

第36話『決勝前夜』

ガラクシア杯もいよいよ大詰め。強豪のイングランドやオランダ代表を相手に「渦巻き」や「逆転」など新しい戦術を駆使して、果敢に攻める桃山プレデター。そして、遂に決勝戦へと駒を進めることになった。泣いても笑っても次が公式戦最後の試合。花島もプレデター一同も改めて決勝戦への思いを固めるのであった。

目次に戻る

第37話『カタルーニャ広場で』

ガラクシア杯の決勝が始まった。フィジカルもテクニックも上回るバルセロナ選抜相手に苦戦する一方の桃山プレデター。繰り出す戦術にも次々に対応されてしまい打開策が見出せずにいたが、いくつかの戦術を繰り返すうち、翔はその動きがチームの新しい攻撃につながるかもしれないと思いつく。危険な賭けと知りつつも、新しいフォーメーションを完成させようと必死に試みるのだが…

目次に戻る

第38話『世界最強軍団』

カンプ・ノウにやってきた桃山プレデター。そこでは、世界選抜のプロ選手たちが、チャリティ・マッチを前に、練習をしていた。一流選手の練習を横目に、ピッチの隅でシュート練習始める翔たち。すると、青砥は、ゴールポストに繰り返しボールを当てる得意技を披露。そのキックの正確さに驚き近寄ってきたプロ選手に、同じことをしてみろと促す竜持。そして、ボール当てに興じるプロ選手に対し、8対8のミニゲームをしないかと提案する。翔たちの最終目的「銀河のワールドカップ」が始まろうとしていた…

目次に戻る

第39話(最終回)『銀河のワールドカップ』

世界選抜のプロ選手相手にミニゲームを始めた桃山プレデター。動揺しながらも、チーム一丸となって、プロに果敢に挑んでいく。子どもには負けられないと焦るプロ選手も激しいプレーに出て、プレデターのメンバーは次々に倒されていく。ついには玲華がケガをしてしまい、代わりにピッチに立ったのはなんと花島だった…

目次に戻る