君に届け

アニメ『君に届け』
©椎名軽穂・集英社/「君に届け」製作委員会
\この作品を見るならココ!/
\この作品を見るならココ!/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る

【第1期】陰気な容姿のせいで霊感があると恐れられ、「貞子」というあだながついてしまっていた爽子は、わけへだてなく接してくれる風早翔太に憧れている。自分を変えたいという爽子の背中を押してくれる風早や、矢野あやね、吉田千鶴、真田龍といったクラスメイトたちとの関わりの中で、爽子は少しずつだが自分の殻を破っていく。ピュアな爽子が友情や恋、ライバルや友達の失恋などいろんな「初めて」を知っていく過程を、丁寧に描いていく学園青春ストーリー。 【第2期】長い黒髪と陰気な見た目のせいで「貞子」と呼ばれ、クラスメイトたちから避けられてきた黒沼爽子。しかし、高校に入学し、明るく爽やかで男女問わず人気のある男の子・風早翔太との出会いから勇気をもらい、友情や恋、ライバルや友達の失恋などいろんな「初めて」を経験していく。そして、爽子は次第に膨らむ風早への大切な気持ちに、戸惑いながらもゆっくりと向き合っていく。すれ違いを繰り返す2人の未来は・・・?

話数第1期:全25話
第2期:全13話
放送第1期:2009年秋
第2期:2011年冬
制作Production I.G
声優黒沼爽子:能登麻美子/風早翔太:浪川大輔/矢野あやね:沢城みゆき/吉田千鶴:三瓶由布子/真田龍:中村悠一/胡桃沢梅:平野綾/三浦健人:宮野真守
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信
サービス
配信
状況
無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る

見放題
31日間無料
今すぐ見る

レン
タル
30日間無料
お試しする
注意

海外の違法動画サイトで視聴するとウイルスに感染する恐れがあります。

ウイルスに感染すると個人情報が漏洩することもありますので、動画配信サービスで安全に視聴しましょう。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話(第1期)『プロローグ』

黒沼爽子はその見た目から、みんなに「貞子」と呼ばれ恐れられていた。みんなと打ち解けたい爽子にとって、明るく爽やかで常にみんなの中心にいる風早翔太は憧れの人。その憧れの風早から爽子は、終業式の前日に行う肝試しに参加しよう、と誘われたのであった。

目次に戻る

第2話『席替え』

大雨の中、ずぶぬれになって登校した爽子に、クラスメイトたちはひどく恐れていた。しかし、あることをきっかけに会話を交わすようになった吉田千鶴と矢野あやね、そして風早に、爽子は優しく接してもらい深く感謝をする。そんな中クラスの席替えを行うことになり、爽子は次こそ隣の席の子と仲良くしようと決意したのだが・・・。

目次に戻る

第3話『放課後』

爽子は、憧れ続けていた友達との朝の挨拶を現実のものとし、感動に浸っていた。そんな折、担任の代理で副担任の荒井一市(通称:ピン)が登壇してきた。ピンは早速生徒に出席簿作りを命じるのだが、嫌がるクラスメイトたちを見た爽子が手を挙げ・・・。

目次に戻る

第4話『噂』

千鶴やあやねたちのことを思い、改めて幸せを噛みしめる爽子。しかし、学校中に千鶴とあやねを中傷する噂が流れていた。その噂の出所は、爽子だということを聞いた千鶴とあやねは、ありえないと一笑するのだったが・・・。

目次に戻る

第5話『決意』

千鶴とあやねの悪い噂が流れたのは、自分のせいだと思った爽子は、これ以上迷惑をかけまいと千鶴やあやね、そして風早からも距離をおこうとする。急に爽子に避けられる千鶴たちは戸惑い、納得ができないでいた。風早は、そんな爽子の気持ちを確かめようとするのであった。

目次に戻る

第6話『友達』

女子トイレ内で千鶴とあやねの噂をしている同級生たちに、爽子は、それは誤解だと話すのだが、騒ぎは大きくなるばかり。そのまわりで爽子のクラスメイトたちが、噂を流しているのは爽子だと言うのを、風早は強く否定する。そこへ千鶴とあやねがやってきて・・・。

目次に戻る

第7話『土曜の夜』

千鶴とあやねに誘われ、爽子は2人とともにラーメンを食べにいくことに。向かった先は、クラスメイトの真田龍の家がやっているラーメン屋であった。ラーメンを食べ終わった後、千鶴に連れられ、爽子たちは龍の部屋に上がりこむ。

目次に戻る

第8話『自主練』

以前とうって変わって、「爽子が笑うと福がくる」とクラスメイトに言われ喜ぶ爽子。頑張って笑うのだが、なかなかうまくいかず・・・。一方、校内は体育祭の準備が始まる。1年D組は体育祭実行委員となった風早の呼びかけで、体育祭の練習を始めることとなる。

目次に戻る

第9話『新しい友達』

爽子はふとしたことで、同級生のくるみと話すこととなった。爽子の理想とする乙女像そのものであったくるみから、「お人形みたい」と言われ、爽子は大感激。くるみに憧れる爽子は、髪型を変えたいと千鶴たちに相談する。

目次に戻る

第10話『協力』

くるみと友だちになった(?)爽子は、何度も気さくに声をかけて手を振ってくれるくるみに、ぎこちなく手を振り返す。その様子を見た千鶴とあやねは、少々呆れ顔。そんな爽子は、風早と自然に話すことのできるくるみに自分の悩みを相談するのだが・・・。

目次に戻る

第11話『とくべつ?』

爽子はくるみに、片想いの相手である風早と付き合いたいから手伝ってほしいと頼まれた。だが爽子は、風早が自分にとって特別な存在だと気づき、協力はできないと自分の意思を伝える。その言葉をきっかけに、くるみの本性が見え出し始める。

目次に戻る

第12話『恋愛感情』

風早が参加するソフトボールの試合をくるみと共に応援していた爽子は、中学の時から風早のことを想ってきたくるみの気持ちを知った。それに対し、自分は風早のことをまだ何も知らないと思い知った爽子。まずは、自分の気持ちを確かめた方がいいと、くるみにすすめられて・・・。

目次に戻る

第13話『恋』

爽子と龍が2人っきりで話しているのを見た風早は、いてもたってもいられなくなり、爽子の手を引っ張って走り出した。爽子は風早に引っ張られながら、この瞬間のこの自分の気持ちが“恋”であってほしいと強く願う。そんな爽子に、風早は「龍のこと、好きなの?」と聞いた。

目次に戻る

第14話『くるみ』

爽子たちの噂を流していたのが、くるみだったと千鶴やあやねから聞いた爽子。しかし、爽子はくるみが流したとは信じられなかった。そんな爽子に対し、くるみは事実だと言い放った。さらに、爽子のことを友達とは思ったことはないと言って・・・。

目次に戻る

第15話『ライバル』

涙をこぼすくるみにもらい泣きをする爽子。2人は泣きながらも、風早のことを語りだした。素直に風早への思いを話してくれるくるみに、爽子はとても嬉しく感じる。そしてくるみは爽子に、自分がピンのことを好きだ、と風早が誤解してると話し始めた。

目次に戻る

第16話『夜噺』

夜な夜な、ピンの部屋で小さい親父たちが酒を交わしながら爽子のことを語り始めた・・・

目次に戻る

第17話『休日』

千鶴とあやねが家に遊びに来るとあって、爽子は朝からとてもウキウキしていた。ケーキを作ったり準備をしていると、いよいよ千鶴たちがやってきた。爽子の部屋で楽しく話しをする3人。そんな爽子たちのもとへ、風早から電話がかかってきた。

目次に戻る

第18話『千鶴の恋』

千鶴と龍が2人で話す様子を見て、爽子は、2人は両想いなのではないかと想像が膨らんでいた。そんな中、千鶴が龍の誕生日プレゼントを買いに行くということで、爽子はついていき、その帰り道、思い切って千鶴の好きな人を聞いた。

目次に戻る

第19話『夢』

爽子はあやねとともに、千鶴の家に泊まりに行く日の朝、千鶴は龍から、「明日と明後日はウチに来るな」と言われてしまう。それに腹を立てる千鶴に、あやねのアドバイスで誕生日プレゼントを渡しに行くのだが、そこへ龍の兄・徹が帰ってきて・・・。

目次に戻る

第20話『プレゼント』

千鶴の片想いの相手である、徹が結婚をすると聞いた千鶴は、ショックを隠せないでいた。それでも渡せなかった龍への誕生日プレゼントを渡すために、龍の家に向かう千鶴。そこへ龍が現れ、徹はもう帰ったと告げ、そして自分の正直な気持ちを千鶴に打ち明かした。

目次に戻る

第21話『初雪』

千鶴と龍がケンカをした次の日、さっぱりとした気持ちになった千鶴は、爽子とあやねの3人でカラオケに行き、その後龍の家のラーメン屋へ行くことに。その道中、龍とケンカをしたことで、気づくことがあったという千鶴。そんな話をしている千鶴たちの前に、札幌にいるはずの徹が姿を見せた。

目次に戻る

第22話『クリスマス』

期末テストも終わり、2学期もいよいよ終業式を残すのみとなった。風早の提案で、クリスマス・イブに恋人がいない者みんなで、クリスマスパーティーをすることに。友達と一緒にクリスマスを過ごせることに感動する爽子。しかし、爽子の家では毎年両親とクリスマスを過ごすことが定番で・・・。

目次に戻る

第23話『ふたり』

今日は2学期の終業式。明日から冬休みに入り、千鶴やあやねたちとも当分会えなくなることを寂しがる爽子だったが、千鶴から、大晦日に一緒に初詣に行こうと誘われる。大晦日は爽子の誕生日。千鶴とあやねが用意した誕生日プレゼントとは・・・。

目次に戻る

第24話『誕生日』

大晦日の日、神社の近くで待ち合わせをした、爽子らと風早、龍。しかし、千鶴とあやねのはからいで、爽子と風早は2人っきりで初詣をすることに。2人は上手く話せないまま、一緒に神社の甘酒を飲むのだが、そこへ家族と一緒だったジョーが現れる。

目次に戻る

第25話(第1期 最終回)『新年』

爽子と風早が2人で参拝をしている間、ジョーを捕まえていた千鶴とあやね。それに飽き飽きした龍は、一人で甘酒を飲んで帰ろうとする。龍を怒らせたと思った千鶴は、ジョーをあやねに任せ、龍を追いかけ2人で参拝をすることに。新年を迎えるその時、みんな思い思いの時間を過ごしていた。

目次に戻る

第0話(第2期)『片想い』

降り続く雪の中、バレンタインデーの飾りつけがされた街の喫茶店で、くるみが1人お茶を飲んでいる。中学の時のことや風早のこと、そして爽子のことを思い返していた。いよいよ、明日はバレンタインデー。くるみは、ある決意をもって準備を始めたのだった。(1ST SEASON総集編)

目次に戻る

第1話『バレンタイン』

冬休みが明け、3学期が始まった。爽子もクラスメイトと馴染んできたが、席替えで席が離れてしまった風早とは少し距離を感じていた。そんな中迎えたバレンタインデー。こわくてチョコを渡せない爽子は、風早が他の女子生徒からチョコを渡されている場面を見て・・・。

目次に戻る

第2話『2年生』

爽子たちは2年生に進級した。あやねやちづ、そして風早や龍たちとまた同じクラスになり喜ぶ爽子。しかし爽子の横の席についた三浦健人の振る舞いに、風早はやきもきしてしまう。その日の放課後、花壇の世話を終えた爽子を教室で待っていた風早に、爽子は緊張してしまい・・・。

目次に戻る

第3話『忘れて』

風早を意識しすぎて自然に接することができなくなってしまった爽子。風早もまた、爽子を困らせたくないと気持ちを抑えながらも、内心は焦っているのだった。一方、感じが良くなりたいと言う爽子に、健人は笑顔のレクチャーをする。そんな状況を、あやねは不安に思い始めていた。

目次に戻る

第4話『わかってない』

爽子は風早のことばに落ち込んでしまう。一方、風早もケントやちづに、爽子から一番遠い存在だと言われ落ち込んでしまうのであった。翌朝、学校の玄関で顔を合わす2人。風早にうまく挨拶ができず泣きそうになっている爽子を見て、あやねは堪らずそのワケを爽子から聞き出すと・・・。

目次に戻る

第5話『すきなひと』

いよいよ学園祭の準備が始まった。爽子たちのクラスは、クラスの出し物で「貞子の黒魔術カフェ」をすることに。その準備中も、爽子は風早とうまく会話をすることができないでいた。心配するあやねとちづ。風早に言った一言を気にするちづは、翌日龍になんとかフォローしてもらおうと頼むが・・・。

目次に戻る

第6話『好意と迷惑』

風早には好きな人がいると聞かされた爽子。たまらず泣き出してしまったのをケントが慰めていると、そこに風早がやって来る。ケントが泣かせたと思った風早は思わず掴みかかるが、風早が皆と平等に自分と接してくれる、と褒めていただけと爽子はいう。そして、風早はついに自分の想いを言葉にする。

目次に戻る

第7話『あきらめちまえよ』

風早の言葉の意味を爽子は取り違え、2人はそのまま離れていってしまった。爽子はくるみにそのことを報告するのだが、「風早の何を見ていたの?」と叱咤される。立ち尽くす爽子。その後学校祭の準備中、ちづとあやねに自分の気持ちを正直に伝えた爽子は、風早には『伝えた』か自問自答する。

目次に戻る

第8話『届け』

学校祭の準備が進む中、爽子はくるみの言葉が頭から離れず、なぜ風早を好きになったのかを思い返していた。そして風早もまた、ピンに「あきらめちまえよ!」と言われたことで、自分の想いを見つめ返しているのだった。それぞれの想いが巡る中、ついに学校祭が始まる。

目次に戻る

第9話『告白』

教室にいる風早のもとへ駆けていく爽子。風早を目の前にし、緊張からふるえが止まらない。気持ちを伝える覚悟ができた爽子は、教室のドア越しに、ひとことひとことを紡ぐように言葉を押し出していく。自分の毎日を変えてくれた風早に、『ありがとう』の言葉と、そして・・・。

目次に戻る

第10話『ここから』

学校祭が始まり、爽子のクラスの女子たちは次の日の仮装行列の準備のため千鶴の部屋に集まっていた。この日あった風早との出来事を何度も思い返し、風早からのメールを何度も見ながら爽子は夜を過ごした。そして仮装行列の日、学校の皆が校庭へ出て行く中で、爽子は風早から呼び止められ・・・。

目次に戻る

第11話『祭りのあと』

学校祭の打ち上げに、爽子と風早は待ち合わせをし2人で現れた。2人が付き合い始めたことに、信じられないといった雰囲気のクラスメイトたち。カラオケ屋を出た後、みんなで海辺へ向かう。そこにはピンがいて、爽子と風早にちょっかいを出すのだが、そそのかされた風早は改めて爽子に告白する。

目次に戻る

第12話(第2期 最終回)『大事な人』

爽子は風早と付き合い始めたことが学年中に知れ渡った頃、爽子をよく思わない女子たちが、未だ信じられないと話をしていた。そこへ現れたくるみ、そして爽子。女子たちに忠告をし屋上へと去るくるみを、爽子は風早と付き合ったことを報告するために追いかける。爽子の報告にくるみは・・・。

目次に戻る